ロゴ
HOME>アーカイブ>マークアップエンジニアの仕事を解説~必要なのは日々の努力~

マークアップエンジニアになりたい!

マークアップエンジニアとはここ数年で確立された職業です。Webクリエイターの一種で、Webコーダーに似ていますが、デザイナーが設計したものを言われるがままにコーディングするのではなく、SEOやアクセシビリティを考慮しながら最適な形に作っていくという職業です。ユーザーの心理に対する理解やクリエイター同士をつなぐリーダーシップも必要とされる非常に高度な職業です。では、マークアップエンジニアになるためにはどんなスキルが必要なのでしょうか?

マークアップエンジニアに必要なスキル3選

PC操作

HTML・CSSについての知識

まず、HTMLとCSSについての知識がなければサイトを作ることができませんので、最低限身につけておくべきスキルとなります。これらについては知識がまとめられているサイトが沢山ありますので、日々勉強していきましょう。かなり情報量が多く大変ですが、マークアップエンジニアにおいては必須のスキルとなりますのでがんばりましょう。

コミュニケーション能力

マークアップエンジニアはデザイナーやコーダーなど様々な人とコミュニケーションをとらなければいけません。そのなかではコミュニケーション能力が必要です。サイトを作る仕事ですが、人とコミュニケーションをとる時間も長い職業といえます。

SEO対策についての知識

サイトを作る上ではSEO対策についての知識も必要です。サイトを作る以上上位表示を目指さなければクライアントのニーズには応えられないからです。効果的なサイトを作るためには必須のスキルです。

マークアップエンジニアの仕事を解説~必要なのは日々の努力~

WEB制作

体系的な知識・最新の知識を知ろうとする好奇心が必要

紹介したスキルはマークアップエンジニアについての一部分にすぎません。日々勉強を続け体系的な知識を身に着けなくてはいけないのがマークアップエンジニアです。最新の知識をデザイナーやコーダーに伝えられるリーダーシップがあるマークアップエンジニアが求められています。

広告募集中